沖縄の音色をいつでも感じたい方、三線専門店で自分だけのマイ三線に出会おう(宜野湾市新城)

沖縄の音色をいつでも感じたい方、三線専門店で自分だけのマイ三線に出会おう(宜野湾市新城)

沖縄の代表的な楽器、三線(沖縄ではサンシンと読む)をご存知だろうか。
音色を聞けば一瞬で沖縄を感じたり、軽快に三線を弾く人を見て、あんな風に弾けたらと憧れを抱いた方は多いはず。せっかく沖縄旅行へ来たのだから、マイ三線を購入してみてはいかがだろうか?
そこで今回は三線が購入できる新垣三線店をご紹介しよう。新垣三線店では、三線制作から販売、修理を行う三線店専門店だ。

音色を聞けば沖縄を感じられる三線の魅力

音色を聞けば沖縄を感じられる三線の魅力

実はとても奥深い楽器、三線。
三線はパーツの少ないとてもシンプルな楽器で、素材のクオリティーがはっきりと音色に影響するという。三線の音色で最も重要になるのは、棹(サオ)の部分。棹に使用する木材は新垣三線店では、主に八重山黒木をはじめとする黒木を使用する。主にインドネシアを中心に東南アジア全域に生息する黒木は全体的に真っ黒で堅く、研ぎ澄まされた音が特徴的。今や沖縄県内では数が減りつつある貴重な黒木の中でも八重山地方で育った八重山黒木の棹(サオ)は、最高級品として高い評価を得ている。黒く光沢があるもの、木目の模様が入ったもの、手に持つとどっしりとした重みを感じるものなど使用する木の特徴、または同じ種類の木であっても1つとして同じ音はないということになる。

新垣三線店で三線を作る職人の新垣直也(あらかき なおや)さんは我が子を見るような優しい眼差しで店に並ぶ棹の特徴を説明してくれた。三線への愛情深さがひしひしと伝わってくる。

胴部分へ皮張りの工程にも棹の特徴にそれぞれに合う音色があり、使用する棹の特徴をみて1つ1つ丁寧に張り方を変えるのだそう。三線は木枠に蛇皮を張った胴に棹を挿して組み立てるシンプルな構造だがそれだけでは音は鳴らないという。微妙な調整やバランスによってあの美しい音色を奏でることができるのだ。
シンプルでありながら音色だけではなく見た目や感触も変化する奥深さが魅力なのかもしれない。

気軽にお手頃な三線を購入することもできる

気軽にお手頃な三線を購入することもできる

三線の奥深さをお伝えしたが、実はリーズナブルなものからワンランク上のものまで様々あり、木材、蛇の本皮や人工皮からお好みに応じた材質のものを選ぶこともできる。(※海外からのお客様は本皮は空港から持ち出せないため、人工皮のみの販売)気軽に三線をはじめることももちろん可能な楽器だ。

いつでもどこでも三線の音色を楽しんで、沖縄の旅を思い出すこともいい時間になるはず。

新垣三味線店

所在地沖縄県宜野湾市新城1-30-8
営業時間9:30〜18:30
定休日日曜
電話090-6865−1511
URLhttp://www.arakakisanshinten.com
駐車場あり 場所:2台

COUPPON

1つ1つ丁寧に作り上げる三線店 三線を購入された方に
三線弦とウマをプレゼント
※各クーポンの利用条件を必ずご確認ください。

【利用条件】

三線を購入された方

有効期限:2017年12月31日 まで

クーポンをプリントする